LIFULL公式note

株式会社LIFULLの公式noteです。 LIFULLは「あらゆるLIFEを、FUL…

LIFULL公式note

株式会社LIFULLの公式noteです。 LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、人生・暮らしを豊かにする様々なサービスを提供しています。 このnoteでは、LIFULLに関する様々な情報を発信していきます。

ウィジェット

マガジン

  • LIFULL CREATIVE

    • 68本

    LIFULLのクリエイティブチームによるマガジンです。ブランドデザイン、サービスデザイン、マーケティングコミュニケーション、PR、社会課題発見、R&Dなどのプロジェクトのほか、チームの取り組みや働き方についてもお伝えします。 ▶クリエイティブチームのポートフォリオ「LIFULL DESIGN」https://design.lifull.com/

  • LIFULL Product Growth

    • 28本

    LIFULLでプロダクトの企画やディレクションなどプロダクトマネジメントを担う「サービス企画職」によるマガジンです。 マネージャーがメンバーに対して伝えていることや、プロダクトをグロースするために取り組んでいることや働き方について発信します。

  • SalesTech&SalesEnablementマガジン

    • 6本

    「営業×テクノロジー」で成功再現性の高い営業組織へ。 私たちは、「改善し続ける組織・プロセス・文化」をつくるための活動をおこなっています。 日々の取り組みや記事のご紹介など、さまざまな情報を発信していきます。

  • LIFULLに入社してくれたみんな

    新たにLIFULLに入社してくれた社員のnoteエントリをまとめました。

  • LIFULL STARTUP STUDIO

    「社会課題解決」✗「事業開発」の取り組みやノウハウ、国内外の最新情報についてお伝えします。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

10分でわかるLIFULL

この記事では、「LIFULLで働くこと」に関する様々な記事をまとめています。まずはじめに読んでいただくことで、会社の全体像と記事同士の関連性が分かり、各記事を読み進めやすくなると思います。 LIFULLのビジョン経営理念と社是 私たちLIFULLグループは、社是「利他主義」のもと、経営理念を実現するために挑戦を続けているビジョナリーカンパニーです。事業内容や社内制度はすべて、経営理念を実現するために生みだし、育てています。 すべての幹となる「LIFULLのビジョン」を最

  • 【新メンバーに一問一答】元PR会社出身者にLIFULLではたらく魅力を聞いてみた

    こんにちは。 LIFULL CREATIVEマガジン編集チームです。 いきなりですが、私たちが所属するクリエイティブ本部では、ともに「LIFULLの未来をつくる」メンバーを募集しています。 そこで、LIFULLではたらくリアルを発信し、職場としての魅力を伝えていくために、新企画「新メンバーに一問一答」と称して、新たにLIFULLのクリエイティブ本部に加わったメンバーにインタビューを実施します!🎤 これまでどんなことをしてきたのか 何をきっかけにLIFULLを知ったのか

  • 企業ブランドとサービスブランドをつなぐ「らしさ」を継承するデザインシステム

    こんにちは、株式会社LIFULLでLIFULL HOME'SのUI・UXデザイナーとして働くぼこと申します! 私がこの会社に入社して、ずっと関わり続けているものの一つに「デザインシステム開発」があります。 LIFULL企業ブランドのデザインガイドライン開発に2年、LIFULL HOME'Sサービスとしてのデザインガイドライン開発に4年、本業のかたわらで携わり続けてまいりました。また、LIFULL HOME'Sのデザインガイドラインを参照しながら、LIFULL HOME'S賃貸

  • 「物件鮮度」って知ってますか?WEB動画から調査・発表会までPRであれやこれやとやってみた話

    突然ですが、住まいを探すときのことを思い浮かべてみてください。 WEBサイトで間取り、家賃、駅からの徒歩分数、学校や職場へのアクセスの良さ等々、いろんな条件をクリアした理想の物件を見つけた皆さん。 早速内見や契約を申し込もうと不動産会社に問合せたところ、「その物件はもう契約済みでして…」と反応が… 皆さんこう思ったのではないでしょうか。 「じゃあサイトに載せないでよ…😭」と。 はじめまして。PRグループの田中(たなけん)です。 最近イマーシブ・フォート東京に行ってきま

  • 固定された記事

10分でわかるLIFULL

マガジン

  • LIFULL CREATIVE
    68本
  • LIFULL Product Growth
    28本
  • SalesTech&SalesEnablementマガジン
    6本
  • LIFULLに入社してくれたみんな
    13本
  • LIFULL STARTUP STUDIO
    15本
  • LIFULLで働くみんなのストーリー
    3本

記事

  • LIFULLデザイナーをチラ見せ!-社歴10年以上編-

    初めにこんにちは!LIFULL新卒2年目デザイナーの牧山です。 LIFULLデザイナーチラ見せシリーズの第3弾です。前回は新人デザイナーを紹介したので、今回は社歴10年以上の先輩デザイナー3名をご紹介します。転職が当たり前のこの時代に様々な変化がありながらも、10年以上勤め続けている理由や弊社の魅力が伝わると幸いです。 第2回の「LIFULLデザイナーをチラ見せ!-新卒デザイナーのお仕事編- 」もぜひご覧ください✨ 1人目:はせべ牧山:今までどんなお仕事に携わってきまし

    LIFULLデザイナーをチラ見せ!-社歴10年以上編-

  • LIFULL入社前と入社後で変わったことは?中途入社のデザイナーが実際に働いてみて感じたこと

    こんにちは。 マットレスを買い替えたらちょっとだけ世界が変わった(気がする)デザイナーの遠山(大)です 🐶 LIFULLに中途入社してもうそろそろ2年が経過します。前回のあいさつでも同じような事を言ってますね。 今回はLIFULL入社前と入社後で自分のデザイナーとしての働き方や考え方にどのような変化があったのかを書いてみます ✍️ LIFULL入社前📝 これまでの経歴 元々学生の頃は司書を目指していましたが、書籍のデザインやグラフィックデザインの方にも興味があったので、

    LIFULL入社前と入社後で変わったことは?中途入社のデザイナーが実際に働いてみて感じたこと

    LIFULLのモノづくりを加速させる、プラットフォームを作る。

    LIFULLにはKEELという全社アプリケーション実行基盤があり、アプリケーションの運用に必要な多くのものを提供しながら広範的に開発者を支援しています。今回は、KEELプロジェクトを推進するソフトウェアエンジニア スペシャリスト 相原さんに、これまでの挑戦と今後の展望を伺いました。 新卒4年目、CTOへの直接提案から始まったKEELプロジェクト2015年にLIFULLに新卒で入社してから、現在までのキャリアを教えてください。 2015年に新卒で入社をし、インフラ、バックエ

    LIFULLのモノづくりを加速させる、プラットフォームを作る。

  • 賃貸物件詳細レスポンシブ化でデザイナーが色々悩んだ話

    こんにちは!LIFULL HOME'Sで賃貸領域のWebサービスのデザインを担当している、ぼこと申します。 2023年の7月に、物件詳細ページがレスポンシブデザインに刷新されました。すでに半年以上が経つ出来事ではありますが、私にとっては悩み多き、学びも多きプロジェクトでしたので、2023年を振り返るつもりでこの話を書き始めました。 もしこれが、同じような問題に悩むデザイナーの皆さんに少しでも役立つものとなれば嬉しいです。 なんでレスポンシブ化したの?LIFULL HOME'

    賃貸物件詳細レスポンシブ化でデザイナーが色々悩んだ話

  • LIFULL PRチームが「PR活動による事業貢献」の可視化を諦めずにチャレンジした話

    多くの企業の広報さんにとっての悩みとして、「PR活動がどれくらい事業に貢献しているか分からない」というのがあるのではないでしょうか。 一生懸命メディア発表会やプレスリリースの企画をしたりメディアプロモートを行ったりで、ヘトヘトになりながら勝ち取ったメディア記事の露出・・・嬉しい!やったね!Happy!✌️ ですが、どこからともなく聞こえてくる声があります。「その露出で、売上はどれくらい上がるの?」※実際に言われたわけではありません PRは露出を獲得して終わりというわけではあ

    LIFULL PRチームが「PR活動による事業貢献」の可視化を諦めずにチャレンジした話

  • 七転八倒しながらスタイルガイドを作成し、最終的にデザイナーが泣いた話 - LIFULL HOME'S Android App Style Guide 2

    不動産ポータルサイト・LIFULL HOME'S アプリのプロダクトデザイナーを務める山田和代です。前回、「七転八倒しながらデザイン負債に向き合い、スタイルガイド作成に至った話」という記事を公開しました。 本日は、実際にどんなStyle Guideになったのかと、Style Guide作成中の具体的なフローや出来事をご紹介したいと思います。 引き続き、同じチームで働くデザイナーの森 裕恵さんと山田の、小気味良く気の抜ける? 会話を交えながら…)読んでいただけたら、うれしいで

    七転八倒しながらスタイルガイドを作成し、最終的にデザイナーが泣いた話 - LIFULL HOME'S Android App Style Guide 2

  • UI・UXデザインを始めて間もないデザイナーがUX検定を受けてみた話

    はじめまして、LIFULL HOME’S賃貸領域のデザインを担当しているオグマです🐻 すっかり秋も深まって肌寒くなってきましたね〜 秋といえば勉強の秋!!ということで、今回はサービスのUI・UXデザインを始めて約2年の私が「UX検定」を受験した話をしたいと思います。 UX検定とは正式名称は「UX検定基礎」で、UXインテリジェンス協会という団体が実施している検定です。 と公式サイトにあるように、デザイナーに限らず、UXやHCD(人間中心デザイン)全般に関する基礎知識や考え方

    UI・UXデザインを始めて間もないデザイナーがUX検定を受けてみた話

  • LIFULL公式SNS、新企画のウラ話-中の人初めての長文に挑戦-

    自己紹介 はじめまして。LIFULL公式のSNS担当です。 普段は140文字以内で情報発信する方法しか考えていないので、どうしていいか分からなくなりましてかなり時間がかかってしまいました‥。 当人は大変だったんだなと優しい心で読み進めてください。笑 LIFULL公式Xのご紹介 まずはLIFULL公式SNSの自己紹介を。 LIFULLは、LIFULL HOME'SやLIFULL介護などの事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組んでいます✨ 社会課題に関する情報、こ

    LIFULL公式SNS、新企画のウラ話-中の人初めての長文に挑戦-

  • 新卒デザイナーが「LIFULLに入社して良かった!」と思う3つの理由

    こんにちは。LIFULL23卒デザイナーの篠原です🌱 今年の4月に入社し、普段は、LIFULL HOME'Sと生活者の接点になる媒体のクリエイティブを担当しています。 今回は、絶賛就活中の方、これからデザイナーになりたいと考えている方に向けて、入社半年の私がLIFULLのデザイナーになって良かったと思う3つの理由を書いていこうと思います。少しでも参考になれば嬉しいです🌸 自己紹介👩‍💻大学時代に学んできたこと 私は京都の芸術大学で、グラフィック、映像、3D、立体造形…な

    新卒デザイナーが「LIFULLに入社して良かった!」と思う3つの理由

  • 画像生成AIと企業発信 「10,000種類って、本当ですか」

    セイセイセイ!やぁみんな、生成してる? 猫も杓子も生成AIのこのご時世、みんなはまさに”ジェネレーションG(Generation)”なわけだ。 かくいう自分も先日、Japanese StableLM AlphaをPCにインストールしようとしていたんだけど、途中でストレージ不足に気付いたので、3日かけてヘリを落としたアーマード・コア6を泣く泣く消したりしているよ! そんなこんなで、かれこれ個人的に1年くらい(まだたったの!)生成AIと日々闘争しているわけだけれど、内なるク

    画像生成AIと企業発信 「10,000種類って、本当ですか」

  • 業界知識ゼロなデザイナーが企画立案からサービス改善に挑戦してみた話

    こんにちは!LIFULL HOME’Sアプリのデザインを担当している矢野です🍙 まだまだうだるような暑さが続いていますね...みなさん熱中症には何卒お気をつけください! さて、そんな暑さのなか今回は、不動産知識&物件探し経験ほぼゼロの中途入社1年目デザイナーな私が、企画立案から取り組んだ施策についてご紹介したいと思います。 導線を増やす小さな改修企画した施策は、LIFULL HOME’Sの目玉機能である洪水ハザードマップを表示するための導線を増やすというものです。 目新し

    業界知識ゼロなデザイナーが企画立案からサービス改善に挑戦してみた話

    エンジニアとして経営をリードする。LIFULL CTO・長沢さんの挑戦

    「あらゆるLIFEを、FULLに。」を掲げ、事業を通じて社会課題解決に取り組むLIFULL。エンジニアは、技術を磨き続けることで事業の可能性を切り拓き、プロダクトの持続的な成長と世の中の課題解決を牽引しています。今回は、約170名のエンジニアを束ねているCTOの長沢さんに、これまでのキャリアやLIFULLが目指すエンジニア組織の在り方、今後の展望について話を聞きました。 未知の領域に挑戦し、より大きな課題を解決したい。——2008年にLIFULLに新卒で入社してから、現在ま

    エンジニアとして経営をリードする。LIFULL CTO・長沢さんの挑戦