LIFULL公式note

株式会社LIFULLの公式noteです。 LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、人生・暮らしを豊かにする様々なサービスを提供しています。 このnoteでは、LIFULLに関する様々な情報を発信していきます。

LIFULL公式note

株式会社LIFULLの公式noteです。 LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、人生・暮らしを豊かにする様々なサービスを提供しています。 このnoteでは、LIFULLに関する様々な情報を発信していきます。

ウィジェット

マガジン

  • LIFULL Product Growth

    • 2本

    LIFULLでプロダクトの企画やディレクションなどプロダクトマネジメントを担う「サービス企画職」によるマガジンです。 マネージャーがメンバーに対して伝えていることや、プロダクトをグロースするために取り組んでいることや働き方について発信します。

  • LIFULL CREATIVE

    • 36本

    LIFULLのクリエイティブチームによるマガジンです。ブランドデザイン、サービスデザイン、マーケティングコミュニケーション、PR、社会課題発見、R&Dなどのプロジェクトのほか、チームの取り組みや働き方についてもお伝えします。 ▶クリエイティブチームのポートフォリオ「LIFULL DESIGN」https://design.lifull.com/

  • LIFULLに入社してくれたみんな

    新たにLIFULLに入社してくれた社員のnoteエントリをまとめました。

  • LIFULL STARTUP STUDIO

    • 15本

    「社会課題解決」✗「事業開発」の取り組みやノウハウ、国内外の最新情報についてお伝えします。

  • LIFULL HOME'S MARKETING

    • 19本

    LIFULL HOME'Sのマーケターによるマガジンです。LIFULL社員に向けた社内大学「LIFULL MARKETING SCHOOL」の講義内容の公開や、LIFULL HOME'Sのマーケターとして活躍している多くのメンバーより、ブランドコミュニケーションやデジタルマーケティング、OMOなどの取り組みや働き方についても発信します。

リンク

  • LIFULL VISION 2025「あらゆるL…
    • LIFULL Product Growth

      • 2本
    • LIFULL CREATIVE

      • 36本
    • LIFULLに入社してくれたみんな

    • LIFULL STARTUP STUDIO

      • 15本
    • LIFULL HOME'S MARKETING

      • 19本
    • すべてのマガジンを表示

最近の記事

固定された記事

10分でわかるLIFULL

この記事では、「LIFULLで働くこと」に関する様々な記事をまとめています。まずはじめに読んでいただくことで、会社の全体像と記事同士の関連性が分かり、各記事を読み進めやすくなると思います。 LIFULLのビジョン経営理念と社是 私たちLIFULLグループは、社是「利他主義」のもと、経営理念を実現するために挑戦を続けているビジョナリーカンパニーです。事業内容や社内制度はすべて、経営理念を実現するために生みだし、育てています。 すべての幹となる「LIFULLのビジョン」を最

スキ
10
  • 「住みたい街ランキング」を緊急発表したら部署をまたいでの神連携が生まれた話

    こんにちは、LIFULLでPRを担当している小田です。 LIFULLが運営する住宅・不動産情報サイトの「LIFULL HOME'S」は先日「買って/借りて住みたい街ランキング」中間結果の発表を行いました。 「LIFULL HOME'S」では毎年2月に実際の問合せ数から「買って/借りて住みたい街ランキング」を発表しています。 そう、毎年【2月】です。 なのに、なぜ今回は中間発表を行ったのでしょうか? 今回は緊急発表までのドタバタ劇とさまざまな部署がすさまじい連携を見せた裏

    スキ
    8
  • LIFULLのコーポレートフォント「LIFULL Font」のデザイン

    こんにちは。 LIFULLでアートディレクターをしている三宅です。LIFULLのブランドデザインのツールの制作や新規事業領域のサービスデザイン、R&D領域のプロジェクトなどを担当しています。 この記事では、制作に携わったLIFULLのコーポレートフォントである「LIFULL Font」のデザインについてご紹介したいと思います。 はじめに:コーポレートフォントの目的と役割コーポレートフォントとは、企業が優先的に使用するフォントとして設定した特定のフォントのことです。コーポレ

    スキ
    41
  • 運用・保守を重ねた基盤サービスだからこそ、デザインシステムを作ろう

    LIFULL HOME'SでtoBサービスデザインをしている、いけがみです。 今回は、クライアント向けの物件入稿管理サービスでデザインシステムを作ってみた話をしていこうと思います。 LIFULL HOME'Sは創成期にはまだ現在のようなサイトではなく、賃貸・流通・戸建・・・と徐々に提供領域を拡張しながらサービスが成長してきた背景があります。 クライアントが利用する物件入稿管理サービスも、その当時にあわせて提供を開始しました。 その後、LIFULL HOME'Sは不動産情報

    スキ
    19

マガジン

マガジンをすべて見る すべて見る
  • LIFULL Product Growth
    LIFULL Product Growth 他
  • LIFULL CREATIVE
    LIFULL公式note 他
  • LIFULLに入社してくれたみんな
    LIFULL公式note
  • LIFULL STARTUP STUDIO
    LIFULL公式note 他
  • LIFULL HOME'S MARKETING
    LIFULL公式note 他
  • SalesTech&SalesEnablementマガジン
    LIFULL公式note 他

記事

記事をすべて見る すべて見る
  • VR住まい探し「空飛ぶホームズくん」開発裏話

    こんにちは、リサーチ&デザイングループの上野です。 リサーチ&デザイングループでは、さまざまな兆しから今よりも良いあるべき未来をデザインし、プロトタイピングを進めている部署です。 XR分野も含めた構想もたてており、今後スマートグラスやHMDの発展で、バーチャルが意識することなくフィジカルとつながる世の中になった時にどのようなサービスを提供している、どのような世界にしてゆきたいかといった視点からデザインと技術研究をしています。 今回、その研究成果として、VR住まい探しアプリ「

    スキ
    16
  • 広報なら誰しもが一度は悩む(?)メディア露出の効果検証に挑んでみた

    こんにちは、LIFULLでPRを担当している小田です。 突然ですが、みなさんの会社では何のためにメディアプロモートをしていますか? メディア露出は必ずしも即効性がある訳ではないから、経営にインパクトを与えられているかぱっと見分かりづらいし、 PR担「露出しましたー!」 経営層「でかした!で、売上上がった?株価上がった?」 PR担「…」 みたいなやりとりも聞こえてきそうです。 KPIの設定だったり、効果検証という部分は広報・PRを担当される方であれば一度は頭を抱えた経験が

    スキ
    31

    LIFULLの社内コミュニケーションルール

    LIFULLグループには2022年3月31日現在、1,548 名の社員が在籍しています。 全社員が同じフロアで働き、それぞれ顔見知りだった時代と比較すると、社員の一体感を生むことは難しくなっています。また、新型コロナウイルスの流行以降は、対面で会う機会も減少し、コミュニケーションはますます複雑化しています。 今回は、そんな環境下でも社員の一体感を生むための、LIFULL流社内コミュニケーションルールをご紹介します。 ハイブリッドワークの導入と新しいコミュニケーションルール

    スキ
    16

    LIFULLの挑戦の機会と制度

    こんにちは、LIFULL公式note編集部です。 みなさんの会社では、どんな人事施策がありますか? 前回のnoteでは、人事制度の指針は社員一人一人の挑戦を支援することで経営理念の実現と社員一人一人のキャリアビジョンを実現するとお伝えしてきました。 LIFULLでは、社員一人一人が仕事を通じて実現したい事へ挑戦することで、会社のビジョン実現にもつながると考えており、そのための制度や人事施策は社員の挑戦を引き出すように設計されております。 本日は、そんな数ある制度の中からい

    スキ
    3

    LIFULLの人事制度(評価&昇降格制度)

    こんにちは、LIFULL公式note編集部です。 この記事では、将来的にLIFULLへの入社を検討してくれていたり、興味をもってくれている方に向けて、人事制度、特に「評価・昇格・昇級・給与・賞与の考え方」について書いてみようと思います。 LIFULLでは社是である「利他主義」を大事にしながら、目指す世界観である「経営理念」の実現のために組織づくりをおこない、その促進のための添え木として人事制度が作られています。 一部の企業や組織には、評価や昇給昇格などがブラックボックス化

    スキ
    10

    【必読】LIFULLの経営理念と、その実現のために大切にしていること

    こんにちは、LIFULL公式note編集部です。 この記事は、LIFULLに興味を持ってくれた人にまず最初に読んで欲しい内容です。そもそもLIFULLという会社がどう始まり、何を目指しているのか。そのビジョンを実現する上で大切にしていることなどについて説明しています。 創業のエピソード1991年、創業社長である井上が、新卒入社したマンションデベロッパーで営業をしていた時、モデルルームにある若いご夫婦が来場されました。井上が紹介した物件を大変気に入ってくれたのですが、購入の

    スキ
    3
  • 社会課題に向き合う会社のデザイナーが、ダンスと共に世界に伝えたいこと#03

    前回に引き続き、ROUND8から、LIFULL ALT-RHYTHM21-22シーズンの 楽曲ジャケットについてアートディレクターの森がお伝えしていきます! ぜひ前回「社会課題に向き合う会社のデザイナーが、ダンスと共に世界に伝えたいこと」#01、02も併せてご覧ください! ROUND.8 Spice「Bagh Chal」 LIFULLの実現したい未来「多様性を認めあえる社会基盤を」 ジャケットで表現したこと 際立った個性が主張しながらも、共存し、一つの強い力になるこ

    スキ
    28
  • 社会課題に向き合う会社のデザイナーが、ダンスと共に世界に伝えたいこと#02

    前回に引き続き、ROUND.3から、LIFULL ALT-RHYTHM21-22シーズンの 楽曲ジャケットについてアートディレクターの森がお伝えしていきます。 ぜひ前回「社会課題に向き合う会社のデザイナーが、ダンスと共に世界に伝えたいこと#01」も併せてご覧ください! ROUND.3 Silence「Burden (feat. TAKUMA THE GREAT)」 LIFULLの実現したい未来「多様性を認め合える社会基盤を」 ジャケットで表現したこと 日食の闇の中に

    スキ
    45
  • 社会課題に向き合う会社のデザイナーが、ダンスと共に世界に伝えたいこと#01

    こんにちは。LIFULLのアートディレクターの森です。 このnoteでは全3回で、ジャケット制作における背景と、 各ジャケットの”発想”と”表現”をアートディレクターの森と、各担当デザイナー8名(岡野、谷口、大信田、小泉、東、長谷部、瓜田、上垣)の対話形式で、紹介したいと思います。 みなさんは、プロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」をご存知ですか? LIFULLはダンスを通じて「世界で最も多様性を認め、社会課題解決に向き合う企業」であることを表現すべく、2021

    スキ
    123
  • 一人広報や上場企業広報を経験してきた私が思う、LIFULL広報の面白味

    はじめまして、LIFULLでPRを担当している小田です。 私は大学を卒業してから映画、外食、旅行、ITなど様々な業界の広報として、15名ほどの超スタートアップから5,000名ほどを抱える大手企業までを渡り歩いてきました。 今日はそんな私が1年のLIFULL社員経験を通じて感じたLIFULL PRの面白味について100%の私見で語ってみたいと思います! ①LIFULLのPRグループの体制&やっていること まずはnoteを探ってみても1記事しかヒットしない謎のベールに包ま

    スキ
    43
  • メンバー紹介 #07 事業開発エンジニア 有賀和輝

    LIFULL STARTUP STUDIO note編集部 編集長です。 不定期でLIFULLの新規事業開発を支えるメンバーをご紹介しています。第7回目はLIFULLの事業開発をエンジニアとして技術支援するだけでなく多岐にわたる領域で支える有賀和輝さんにお話を聞いてみました! LIFULL STARTUP STUDIOはLIFULLの社内外の新規事業開発に携わっていますが、ここでは特に「社内新規事業」にフォーカスしてお話を聞いていきます。 ー 経歴について簡単に教えて下

    スキ
    7
  • LIFULL25周年!「周年イヤー」社外向けPR企画のつくり方をお話しします

    LIFULLは2022年3月に設立25周年を迎えました! 周年といえば様々な会社が色んな企画・キャンペーンを行なっており、PR担当としては何をやるのか悩ましいところですよね。今回はLIFULLのPRが「周年イヤー」として行った社外向けPR企画と、そこに至るまでのPRグループ迷走の日々についてお話しします! 「周年イヤー」企画のきっかけまず25周年を迎えるにあたって、ユーザー・クライアントをはじめとした今まで支えてくださった方々へ感謝の気持ちを伝えようと、設立日3/12の前に

    スキ
    21