LIFULL公式note

株式会社LIFULLの公式noteです。 LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、人生・暮らしを豊かにする様々なサービスを提供しています。 このnoteでは、LIFULLに関する様々な情報を発信していきます。

LIFULL STARTUP STUDIO

「社会課題解決」✗「事業開発」の取り組みやノウハウ、国内外の最新情報についてお伝えします。

  • 13本

メンバー紹介 #05アクセラレーター 辻本 翔

LIFULL STARTUP STUDIO note編集部 編集長です。 不定期でLIFULLの新規事業開発を支えるメンバーをご紹介しています。第5回目は起業経験もお持ちの辻本翔さんにお話を聞いてみました! LIFULL STARTUP STUDIOはLIFULLの社内外の新規事業開発に携わっていますが、ここでは特に「社内新規事業」にフォーカスしてお話を聞いていきます。 ー 経歴について簡単に教えて下さい 2009年に新卒でNTTコミュニケーションズ株式会社に入社して、

スキ
6

事業開発におけるよくある質問④ 事業運営のキモ

事業運営で大事にすべきことは戦略ですか? 組織ですか? スピードですか?こんにちは、LIFULL STARTUP STUDIOです。 結論は、 『どれも大事ですが、 事業責任者は、戦略や組織を駆使して「勢い」を作り出さなくてはダメ』 です。 最近は、経営について学習するリソースが溢れており、MBAホルダーのみならず経営について語ることができるようになってきました。 色々な経営理論に触れてしまうがゆえに、このような紋切り型の悩みにハマってしまうようです。 普通はあり得ないこ

スキ
7

メンバー紹介 #04アクセラレーター 増尾 圭悟

LIFULL STARTUP STUDIO note編集部 編集長です。 先日より不定期で、LIFULLの新規事業開発を支えるメンバーをご紹介しています。第4回目はLIFULLに新卒で入社後、一度退職。復職後新規事業を立ち上げた異例のキャリアを持つ増尾圭悟さんにお話を聞いてみました! LIFULL STARTUP STUDIOはLIFULLの社内外の新規事業開発に携わっていますが、ここでは特に「社内新規事業」にフォーカスしてお話を聞いていきます。 ー 経歴について簡単に

スキ
7

メンバー紹介 #03アクセラレーター 新田周平

LIFULL STARTUP STUDIO note編集部 編集長です。 先日より不定期で、LIFULLの新規事業開発を支えるメンバーをご紹介しています。第3回目はアクセラいちのアイデアマン新田周平さんにお話を聞いてみました! LIFULL STARTUP STUDIOはLIFULLの社内外の新規事業開発に携わっていますが、ここでは特に「社内新規事業」にフォーカスしてお話を聞いていきます。 ー 経歴について簡単に教えて下さい 1社目は、マンションなどの不動産広告に出てく

スキ
14

LIFULL HOME'S MARKETING

LIFULL HOME'Sのマーケターによるマガジンです。LIFULL社員に向けた社内大学「LIFULL MARKETING SCHOOL」の講義内容の公開や、LIFULL HOME'Sのマーケターとして活躍している多くのメンバーより、ブランドコミュニケーションやデジタルマーケティング、OMOなどの取り組みや働き方についても発信します。

  • 14本

今日からできる!LINEコミュニケーション改善|LINE公式アカウント運用_part.3

LIFULL HOME'Sでは、リテンションマーケティングのチャネルとしてLINE公式アカウントを運用しています。ここでは、アカウントを運用してきた中での感じたことやナレッジをご紹介しています。 今回の記事は、 「LINEで実践するリテンションマーケティング」Part.1・Part.2の続きです。 LINEの管理画面はとても優秀こんにちは。LIFULLの秋月です。 LIFULL HOME'SのCRMマーケターとして、リテンション施策を担当しています。 前回までは、我々L

スキ
13

LINEで実践するリテンションマーケティング②|LINE公式アカウント運用_part.2

LIFULL HOME'Sでは、リテンションマーケティングのチャネルとしてLINE公式アカウントを運用しています。ここでは、アカウントを運用してきた中での感じたことやナレッジをご紹介しています。 今回の記事は、前回の「LINEで実践するリテンションマーケティング①」の続きです。 リテンションマーケティング成功の為の課題 こんにちは。LIFULLの秋月です。 LIFULL HOME'SのCRMマーケターとして、リテンション施策を担当しています。 前回、リテンションマーケテ

スキ
11

LINEで実践するリテンションマーケティング①|LINE公式アカウント運用_part.1

あなたの会社のLINE公式アカウントは、どんな目的で運用されていますか? 私が在籍するLIFULL HOME'Sでは、リテンションマーケティングのチャネルとして運用しています。 ここでは、LINE施策を通じて感じた事やナレッジを、3回に渡ってご紹介させて頂きます。LINE公式アカウントをもっと活用したい・改善したい、という方の参考になれば幸いです。 リテンションチャネルとしてのLINEの強みこんにちは。LIFULLの秋月です。 LIFULL HOME'SのCRMマーケター

スキ
12

マーケターの「人心掌握」の練習法

こんにちは、LIFULLの遠藤です。 LIFULL HOME'Sのマーケター職種マネージャーとして、ブランド領域を主に担当しています。 またIMCグループというLIFULL HOME'Sのブランディング活動を司るチームのグループ長も兼務しております。 グループ名のIMCは(Integrated Marketing Communications=統合型マーケティング・コミュニケーション)の名の通り、顧客接点を統合的に捉え、縦割りになりがちな構造的な課題に横串を刺し、組織とし

スキ
19

LIFULL CREATIVE

LIFULLのクリエイティブチームによるマガジンです。ブランドデザイン、サービスデザイン、マーケティングコミュニケーション、PR、社会課題発見、R&Dなどのプロジェクトのほか、チームの取り組みや働き方についてもお伝えします。 ▶クリエイティブチームのポートフォリオ「LIFULL DESIGN」https://design.lifull.com/

  • 18本

「事業を通じて社会課題の解決に取り組む」をデザインでも取り組む:LIFULL アジェンダ デザイン編

前回、未来デザイン推進室の木村紗希さんから「「事業を通じて社会課題の解決に取り組む」を本気で取り組むトリガー:LIFULL アジェンダ」と題して、LIFULLが取り組む「LIFULL アジェンダ」に関する記事が投稿されました。 今回は、デザインという観点から「LIFULL アジェンダ」について細かく時系列で紐解いていき、いかにして現在のビジュアルに行き着いたか、ボツ案、ラフ絵も含め赤裸々に公開したいと思います。 私は、広告業界を経て、おととし事業会社であるLIFULLに転職

スキ
29

広告嫌いの広告担当が転生したらドキュメンタリーを作っていた件

LIFULLがドキュメンタリー映像を作る。その裏側にあるちょっとした事情と、これまで未経験の取り組みをすることで遭遇した、苦労と苦悩の一部をおすそ分け。 筆者は元広告担当で、いまはコンテンツ開発を担当。 作ったコンテンツにまつわるお話はこちらの記事をごらんください。 「広告が嫌い」自分はこのLIFULLという会社(前身のネクストも含む)で、かれこれ累計10年くらい広告やらコミュニケーションやらに関与してきた。 そんな自分が過去、とある広告業界誌のセミナーの冒頭に発した言

スキ
122

「なぜLIFULLが?」の裏側を公開します。LIFULL初のドキュメンタリー映像制作

LIFULLは2021年9月に「ジェンダーと多様性」をテーマにしたドキュメンタリー「ホンネのヘヤ」を公開しました。この映像は価値観や考え方、生き方の違う10人が、ジェンダー規範についての違和感やそれぞれが抱える課題、悩み、願いなど丁寧に対話を重ねた記録です。 なぜ社会課題の中から「ジェンダーと多様性」をテーマにしたのか?従来の広告コミュニケーションとは違ったアプローチを取った理由は? など普段お伝えしていないプロセスやLIFULLらしい捉え方など、コンテンツの背景をプロジェ

スキ
24

自社ノベルティ作成時のデザインプロセスをまとめてみた

こんにちは。デザイナーの長谷部です。 普段は、LIFULL HOME'Sの売買領域で、新規サービス立ち上げや機能改修の際のWebデザインを担当しています。 今回はWebではなく、「卓上カレンダー」づくりに参加した際の作業工程についてお話させていただきます。 ↑この子完成までの軌跡です。 月ごとに色んな動物たちが思い思いの暮らしを実現させているストーリーになっている、絵本風のカレンダーです。 はじめに卓上カレンダーは、LIFULL HOME'Sをご利用いただいている不

スキ
46

LIFULLに入社してくれたみんな

新たにLIFULLに入社してくれた社員のnoteエントリをまとめました。

  • 14本

転職活動で見つけて私が働きたいと思った“ハウジングアドバイザー”という仕事。

株式会社LIFULLで、ハウジングアドバイザーとして働き始めて10ヵ月が経ちました。 前職のアパレル販売員から畑違いの仕事に就いている為、「なんで転職したの?」「ハウジングアドバイザーってどんな仕事?」と聞かれることも多いので、こんな仕事だよ!ってことを知ってもらいたくて、自己紹介の記事を書かせて頂きます。 1,前職では、どんなことをしていたの?前職では、アパレル販売員で店舗の店長兼マネージャーを勤めていました。21歳でお店の責任者になって、26歳でマネージャーになりまし

スキ
70

チームにおけるデザイナーの役割 ─ 入社1年目が考えてみた

「WEBサービスの画面とかのデザインしてるわ。」 いま何の仕事をしているのかを友人に聞かれたときに、いつもこう答えながら違和感を覚えていました。デザイナーの役割は画面という表層の見た目を良くするだけではないけどなあ、と思ってはいても端的に伝えられないから言葉にするのは諦めていたのです。 ──LIFULLに入社して一年弱、これまでに様々なデザイン業務に携わってきました。本記事では、その経験を基に“チームにおけるデザイナーの役割とは”という問いに対して、自分なりに考えを整理し

スキ
43

ユーザーに選ばれるためのサービス提供をデータという観点で支える仕事について日々思うこと

 昨年の暮れにLIFULLに入社して、気づけばもう夏真っ只中。早いもので7か月が経過していました。入社してちょうど半年という節目を過ぎた今、私自身がLIFULLで実際に働いてみて、この会社に来てよかったと思うことをいくつか書いてみようと思います。 ■サービサーとして、ユーザーに選んでもらえるサービスを提供するためにはどうあるべきかについて考える機会に溢れている  LIFULLに入社する前までは、クライアント様を対象にWEBサイト改善支援やCDP(カスタマーデータプラットフォ

スキ
12

事業を通じて社会課題の解決に本気で取り組む会社に転職して早1年が経ちました

昨年2020年7月、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、事業を通じた社会課題の解決に本気で取り組むLIFULLに転職してから、あっという間に1年が経ちました。 今更ながら、入社の経緯と、改めて感じたことを振り返ってみようと思います。 ■入社経緯LIFULLへ入社した理由を単刀直入に言うと、「子供たちが安心と喜びをもって未来へと進んでいくためのサポートをしたい」という自身の想いを、この会社なら実現できると思ったからです。 LIFULLのこと

スキ
10

SalesTech&SalesEnablementマガジン

「営業×テクノロジー」で成功再現性の高い営業組織へ。 私たちは、「改善し続ける組織・プロセス・文化」をつくるための活動をおこなっています。 日々の取り組みや記事のご紹介など、さまざまな情報を発信していきます。

  • 4本

WBR勉強会を実施しました

私たちセールスイネーブルメントチームは「成果を出し続ける組織と個人」を創出するというビジョンのもと、9月にWBRの勉強会を実施しました。当日はWBRという振り返り方法について、実際に実践しながら学ぶ形式で、有志のマネージャが4名、さらにその上長のマネージャ2名に参加いただきました。 今回のnoteではWBRとは何か、勉強会の様子、参加者の感想について書いていこうと思います。 今回の勉強会の講師として、 eiicon company 村瀬 章様 をお招きしました。 ■ご紹

スキ
20

【新卒営業オンボーディング】90日Learning Journey(ラーニングジャーニー)の取り組み

はじめまして。LIFULLの百枝です。 セールスイネーブルメントを担当しております。 本日は、LIFULLで初めての「新卒オンボーディング研修」についてお伝えしたいと思います。 LIFULLのセールスイネーブルメントは「成果を出し続ける組織と個人の創出」を掲げています。 実現に向けて、営業の問題解決や成果につながる質の高い学習コンテンツやセミナーなどを提供し、営業成果を追い続ける活動をしております。 LIFULL初の新卒オンボーディング研修 ~90日Learning J

スキ
15

【フェーズ運用】フィジビリティを開始してわかったこと

今回は営業の商談フェーズ運用のフィジビリティを開始してどんな困難があったのかについてお話していこうと思います。 前回はフェーズ運用についてと、なぜフェーズ運用を開始するのか、という部分についてお話しました。前回の内容をまとめると以下の通りです。 《課題》 ・従来の営業スタイルでは、営業プロセスのうちのどの部分でつまずいているのかが可視化されていなかった。また、フェーズも統一されていなかった。 《目的》 ・フェーズを統一し、成功率の高い営業手法を標準化することで、顧客満足向

スキ
5

セールステック&セールスイネーブルメントnoteについて

業務改善に携わる方に向けて、LIFULL営業組織で実践している事例をご紹介していきます。 はじめまして。営業DX推進を担当しています、五十嵐です。 セールステック&セールスネーブルメントの部署で日々活動をおこなっています。 このnoteマガジンでは、セールステック&セールスイネーブルメントについて考えたこと、難しいと感じること、関連記事などをご紹介させていただこうと思います。営業の型化やプロセス管理に挑戦したい、もしくはされている方や、困っている方のサポートになればと思い

スキ
12